交通事故の弁護士鹿児島のおすすめランキングを見る前に

鹿児島で交通事故にあってしまった場合、あなたならどうしますか?

 

一般的には警察に連絡をし保険会社を通して示談交渉を進めていくと思います。

 

ですが、示談交渉は弁護士にお願いすると慰謝料(賠償額)が大幅に増額するのです。

 

鹿児島には交通事故を専門に扱っている弁護士事務所が多数ありますので、

 

実績や口コミをもとにランキング形式でご紹介します。

 

一般的にはあまり知られていない交通事故の慰謝料(賠償額)の設定方法や、

 

経験者の体験談も掲載していますので参考にして下さい。

鹿児島の交通事故の慰謝料はなぜ安いのか?

鹿児島で交通事故に巻き込まれたときには、相手方に対して慰謝料等の損害賠償金を請求できます。この際に相手方の保険会社と示談に向けて交渉をするようになりますが、この時に、支払われる慰謝料の金額が予想よりとても少なくとても多くの人が不満を抱きます。

 

どうして鹿児島で交通事故の被害に遭った時、慰謝料は減ってしまうのでしょうか?理由を以下に説明します。

 

不利な条件を保険会社から提示されて気づかない

交通事故にあったときの賠償金は任意保険会社に支払い義務があるのですが、鹿児島の任意保険会社も利益目的の企業ですから、当たり前ですが、自分の支払いは抑えようとします。

 

なので、保険会社は被害者と示談交渉をする時にいろいろな理由を持ち出して、賠償のお金を減額します。被害者が法的知識を持たないと不利な条件を示されても気づかずに示談になってしまいます。

 

以上述べたように、鹿児島の任意保険会社の基本的な姿勢は保険料の支払いを少なくしようとするため、慰謝料の支払い金も最低にされることも少なくないのですが、被害を受けた側は不利な条件を押し付けられたにも関わらず、気づかないので慰謝料が減ります。

 

任意保険基準によって計算されている

慰謝料が少なくなる訳には、さらに関連するのは、慰謝料の計算です。被害者がひとりで任意保険会社と示談のための交渉をする場合には、任意保険基準という計算方法を用いてください。

 

慰謝料の計算の方法には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士・裁判基準の3種類が挙げられ、任意保険基準はこの3種類中、中の数字が使われます。自賠責基準より高い数字が出たけれども、弁護士・裁判基準と引き比べてぐっと安い金額になるのです。

 

よって、被害者が任意保険会社と示談交渉をしようとする場合、裁判所が算定し、支出するよう通達するような高額な慰謝料の支払いを受けることは困難になります。以上お伝えしたように、鹿児島の任意保険会社は任意保険基準で慰謝料を計算するので、慰謝料の金額は減ってしまいます。

 

後遺障害の等級認定がない

交通事故の被害者となった時、高額な慰謝料の請求をするには、後遺障害が残っていると認定されることが極めて重要です。後遺障害とは、交通事故後に入通院治療を続けて症状が固定しても、残っている症状のことです。

 

後遺障害が認められるとその内容や度合いに応じて後遺障害慰謝料ももらえます。後遺障害には14級等級あり、認定等級に応じて支払いを受けられる後遺障害慰謝料の金額が全く違います。

 

ここで、被害者自身が対応していると、後遺障害の等級認定を受けていなかったり、請求しても適切な等級認定を受けられなかったりする場合が多いです。

交通事故の鹿児島の弁護士おすすめランキング

交通事故専門の鹿児島の弁護士に慰謝料が増える理由と示談交渉術を聞いてみた

鹿児島で交通事故の被害者となって、慰謝料を請求をする際には、弁護士に任せると受け取ることができる金額が当初よりはるかに増額することが多いです。このことは、弁護士の業と慰謝料の算定基準による示談交渉の技が大きく影響しています。

 

弁護士に交渉をお願いするとどうして、慰謝料の額が上がるのでしょうか?ここでは、弁護士に鹿児島での交通事故の示談を依頼すると慰謝料がアップする理由と弁護士の示談に向けた交渉術が普通の人より秀でている理由を解説します。

 

慰謝料を出すとき、基準となる3つ

鹿児島での交通事故でなるべくたくさんの慰謝料を請求しようと望む際には、慰謝料を割り出すための方法が肝要です。

 

鹿児島での交通事故での慰謝料の割り出し方には、自賠責基準と任意保険基準と弁護士・裁判基準といった3種類が使用されます自賠責基準というのは、自賠責保険で損害賠償金を計算する時に使われるものです。

 

任意保険基準というのは、示談交渉を任意保険会社とする際に損害賠償金を導き出すための基準になります。弁護士・裁判基準というのは何かというと、弁護士が示談のための話し合いをしたり、裁判をするために裁判所が採用したりする算定基準です。

 

それぞれ3つの基準によって計算された慰謝料の支払金は低額になるものから自賠責基準、そして任意保険基準、最後に弁護士・裁判基準となります。

 

被害者が自分の力で任意保険会社と示談のための話し合いを行うには任意保険基準から慰謝料が割り出されてしまいますが、弁護士に示談交渉や訴訟を一任すると、たくさんのお金が支給される弁護士・裁判基準を使って慰謝料を割り出してもらえるので、慰謝料の金額がぐっとアップします。

 

慰謝料はどれほど増額されるのか

・病院に入院したり通ったりした分の慰謝料について弁護士・裁判基準を用いて慰謝料を計算した場合具体的にどのくらい慰謝料が増額するのかを見てみましょう。まずは入通院慰謝料について知りましょう。

 

入通院慰謝料とは事故で被害を受けたことによって入通院への慰謝料のことで、入通院の日数を元に増額される仕組みです。

 

たとえば、通院3ヶ月の時には、任意保険基準で算定すると37.8万円程度の入通院慰謝料がもらえますが、弁護士・裁判基準を用いると、53万円〜73万円程度になります。

 

・後遺障害が残った慰謝料次に、後遺障害慰謝料について説明します。後遺障害慰謝料とは、事故によって後に障害が残ってしまった時、その内容や程度を考慮して受け取ることができる慰謝料です。

 

たとえば、むちうちの時によく認定される後遺障害14級の場合には、任意保険基準の場合の後遺障害慰謝料は、金額40万円になりますが、弁護士・裁判基準の場合、110万もらえます。

 

後遺障害6級の時には、任意保険基準だと600万円ですが、弁護士・裁判基準の場合には1180万円となりますし、後遺障害1級の場合、任意保険基準を用いると1600万円程度受けられますが、弁護士・裁判基準だと2800万円にもなります。

 

・死亡の場合の慰謝料について死亡慰謝料の場合にも弁護士基準を用いると慰謝料は上がります。たとえば、その家の支柱が死亡した場合、任意保険基準になると1500万から2000万ですが、おおよそ53万円から73万円程度になります。

 

弁護士の示談のための交渉術が優れているわけ

交通事故の示談交渉を弁護士にお願いすると、慰謝料の金額が上がるのは、弁護士による示談交渉術が優れているからです。たくさんの交通事故事件を、弁護士は取り扱っており、相手方の任意保険会社の対応を予想して、適当な反論を組み立てられます。

 

また、法律に精通しているので、それらを存分に使い、被害者の有利に交渉できます。

 

裁判例についてもたくさん知っていますし、資料も多数もっているので、関連する事項や知っておくべき問題があれば迅速に調べて、裁判になった場合のことを見越して示談交渉をする技術を持っています。

 

このようなことから、弁護士が持つ交渉術は非常に優れているので、鹿児島での交通事故は弁護士に依頼すると示談交渉を有利に進めて、慰謝料が最終的に大きく上がるのです。

交通事故の弁護士を鹿児島で決めるポイントと相談の仕方

鹿児島で交通事故のときは、相手保険会社との示談交渉を弁護士に代行してもらうと、慰謝料の額が大きく増えるなどの嬉しい点があるのですが、交渉をお願いする時、どのような弁護士であっても安心というわけではないのです。

 

有利に示談交渉をすすめるためには、鹿児島での交通事故に強い弁護士に依頼する必要があります。今回は、交通事故に明るい弁護士探しのポイントと相談方法を知っておいてください。

 

サイトの内容を見る

鹿児島での交通事故の示談に向けた交渉に詳しい弁護士を探そうとしている場合には、弁護士事務所の記載を確認すると良いです。ウェブサイトには、弁護士事務所の特徴が現れているものです。

 

ホームページ上に、交通事故に関係する記事の記載が多い事務所は交通事故事件に力を入れていることが多いです。交通事故後の手続きや用語についての記事、弁護士のコラムのみならず、ブログなども目を通して、交通事故の記事がわかりやすくしっかりあるところを探しましょう。

 

弁護士のこれまでの仕事内容もよくみてください。交通事故についての本を書いていたり、交通事故委員会の活動経歴があったり場合には交通事故の交渉についてよく知っている弁護士である可能性が少なくありません。

 

ホームページ上に「交通事故専門」と書かれてあったり、交通事故の無料相談を実施したりしている事務所も交通事故関係に積極的に当たっていることが多いです。

 

面談をして確認する

鹿児島の交通事故に精通している弁護士を見つけるには、弁護士と実際に話し合って、確認することも重要なことです。ホームページ上の記載のみではどうしても限度があります。

 

交通事故の交渉に腕がある弁護士は、相談の際に今からのことや展望などをはっきりと言ってくれるものです。知っておきたいことを聞いた時に、きちんと理解できる解説や提案をくれる弁護士に手続きを実際にお願いしましょう。

 

関連する資料を用意する

弁護士との相談を意義あるものとしてやっていくには、事前の用意も大切になります。まずは、交通事故に関連する資料を用意しましょう。具体的に、以下のようなものがあれば持っていくと良いでしょう。

 

1,交通事故証明書
2,事故状況の図面やメモ
3,交通事故が起こった場所の地図
4,相手方保険会社から届いた資料
5,こちらから送った書類のコピー
6,診断書へ 後遺障害認定通知書や決定書
7,物損の場合の修理見積書など

 

知りたいことをメモしておく

弁護士の所に法律相談をする時に、前もって知りたいことを箇条書きでも良いのでメモをもっていくと、役立ちます。そうでないと、面談の場で何を聞きたかったのかをど忘れすることもありますし、急にはどのような内容を聞いたら良いのか思い起こせないことなどもあります。

 

すると、聞きたかったのに聞けずに悔いが残ってしまいます。そうならないよう、事前に質問したいことを明確にして、聞きたいことをメモに書いておきましょう。

 

弁護士から提案をもらう際には、持って行ったメモ用紙に弁護士からの回答内容を記載して持って帰ると、帰宅後も確認できるので役立ちます。

 

このように、鹿児島の交通事故に関する事件をお願い場合には、交通事故関係の事件に精通している弁護士を探して、事前準備をして、相談に行きましょう。

交通事故の弁護士に相談から示談成立までの鹿児島の慰謝料が増えた体験談

鹿児島で交通事故に遭ってしまったら、相手方保険会社と示談の交渉をする時は、弁護士に委託すると慰謝料が大幅に増えることが多々あります。

 

実際、どのくらい慰謝料が増えるものなのか、実際にあった体験談を通じて確認してみてください。以下に、弁護士に依頼して示談成立することによって受け取ることができた慰謝料が大幅にアップした方の体験談をお読みください。

 

Aさん(後遺障害等級認定を受けて慰謝料が大幅にアップ)

Aさんは、鹿児島で交通事故に遭ったことで首の様子がおかしくなって、通院の治療をしていました。しかし、通院期間が3ヶ月くらいになってきたところで、保険会社から「もう治療期間は終わりになるので、示談交渉をしたい」と言われ、慰謝料として40万円もらえると言われました。

 

これに納得できなかったため、Aさんは弁護士に法律相談をしに行きました。その時、弁護士からは、きっちり症状固定するまで治療を続けて、後遺障害等級認定を請求するように、勧めを受けました。

 

そこで、弁護士と示談交渉のために協力し、通院を症状固定するまで6ヶ月間継続しました。これで、入通院慰謝料は89万円に増額され、後遺障害慰謝料も110万円だしてもらったのです。慰謝料として最終的にはAさんは、合計199万円も受け取ることができ、もらえた慰謝料が大幅にアップしました。

 

弁護士基準で慰謝料が大幅に増額したBさん

Bさんは、鹿児島での交通事故のせいで手を怪我を負い病院に通って治療をしましたが、症状固定した後も親指の機能が良くならなかったたので、後遺障害の9級だという認定を受けました。

 

すると、任意保険会社から、後遺障害慰謝料の支払いとして、300万円支払うと示されました。入通院慰謝料は、入院1ヶ月加えて通院6ヶ月という期間をもとに見積もって、見積は83.2万円だったので、合計の慰謝料は383.2万円でした。

 

Bさんは提案が了承できず弁護士に相談したところ、弁護士は慰謝料を弁護士・裁判基準を利用して算定できるので、支払われる額が増えると勧めを受けました。

 

Bさんはそこで、弁護士と示談交渉に向けて協力してもらうと、慰謝料を弁護士・裁判基準を使って計算して、入通院慰謝料は149万円貰えることになり、690万円に後遺障害慰謝料が上がりました。Bさんは結果的に、全部で839万円もの慰謝料をもらえることになりました。

 

過失割合が少なくなって慰謝料が上がったCさん

Cさんは、鹿児島での交通事故で示談交渉をして慰謝料が200万発生しているということで両者がOKしましたが、加害者側からの保険会社から、Cさん側の過失が40%だと主張され、結果的に200万円×(1−40%)=120万円の支払いだと言われました。

 

この過失割合にCさんは納得できずに、相談を弁護士にし、示談交渉を依頼しました。そうすると、弁護士・裁判基準を用いて慰謝料を計算してもらい損害賠償金額は300万円にも上がりました。

 

加えて、過失割合を3割に下げてもらえ、最終的にもらえる慰謝料は300万円×(1−30%)=210万円に増えました。

 

このように、損害賠償請求手続きを弁護士に代わってもらうと、大幅に増えることが多々あります。鹿児島で交通事故に遭難したら、是非とも弁護士に相談の上示談交渉手続きをしていきましょう。